■プロフィール

98like

Author:98like
埼玉に潜伏している、チョイ悪親父です!
見かけても石は投げないで下さい。
m(_ _)m

管理者:よっしー

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■リンク
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
U50SI2(mouse-computer)バックライトLED化!
このブログを更新するのは いったい何年ぶりなのだろうか
まだ存在していたとは
ひょんな事から画面の映らないノートパソコンを譲り受けました。
久しぶりに検証意欲が高まりググッてみたところ面白い記事を見付けてしまいました

これは試さねば!!!

そう、バックライトのLED化です
過去に冷陰極管の交換経験はありましたが、かなり大変な作業だったので出来ればヤリたくない
LED化なら電圧さえ何とかすれば対応のインバータさえ選べば簡単そうだし
・・・っと言う事で、とりあえず状態確認をしてみました。

U50SI2
この状態の時にお子さん(当時2歳)がパソコンの上でジャンプしていたそうです
それ以後、起動しなくなったんだとか
電源ブッチ切りも何度もしたそうなので、ただ単にバックライトが切れただけの故障では無い予感がしてきました

ヒンジ破損
筐体左側のヒンジも破損&本体に亀裂・・・
電源ボタンを押すと電源ランプが点灯してファンが回るだけで画面は真っ暗!
外部ディスプレイにつなげても『信号がありません』の文字が
せめてBIOSの画面だけでも拝みたい・・・
ネットで調べてマウスコンピューターはF2でBIOSに入れる事を確認し電源ON&F2連打
真っ暗な画面にライトを近づけて よ~く目をこらして見ると、うっすらと何か映っているように見える!
どうやらCOMS電池が切れて日付がリセットされた事で起動時にエラーが出ていたようだ。
目をこらして何とか日付を入れてBIOSをセーブ!
いざっ!!!
来ましたWindows XP ようこその文字が(外部ディスプレイ)
これでバックライト(冷陰極管)切れ確定です
ちなみに 後から分かった事ですが、この機種はBIOS画面の時は外部ディスプレイにアウトプットされないそうです

さて、前置きが長くなりましたが いよいよLED化の検討をします!
まず、そもそも私には電気や電子工作の基本的知識が有りません
液晶モニターのLED化・FUJITSU FMV NFA50こちらの記事に触発されて安易な考えでLED化を決意しました。
しかし、読めども読めども全然理解できず、他の方の記事も色々と読み漁って おぼろげながらLED化の概要を理解したような感じがします
要するにaitendoさんのLEDインバータ基板を使えばaitendoさんのLEDバックライトが使える訳で、LEDインバータ基板にいかに電源供給するかが最大の肝であること
元記事では5Vの電圧が4つ供給されていてDIM(電圧が変化する)が1つ、これに対してGNDが3つと3.3Vが2つ!
これを踏まえて5V駆動のLEDインバータを選んでいましたが、この意味すらよく分からない
写真を見てもよく分からなかったのですが、おそらく5Vの線1つとGNDの線1つとDIMの線1つの3本だけを使ってLEDインバータ基板につないだのだと思います。(他の残った線7本は絶縁して未使用なのかな?)
どうもパソコン内部では12V、5V、3.3Vという電圧がメジャーだそうで、各所で5V駆動のLEDインバータ基板が売り切れだからLED化に踏み切れないと言う意見を目にしました!
・・・って事は本体から来ている5V電圧をDC-DC昇圧モジュール[M0912]を使って電圧を12Vまで上げてやればaitendoさんの[CJY12V550H9]か[INV6113]このあたりが使えるのじゃないか・・・っと考えた訳です
考えはまとまったので、まずはこのパソコンの供給側の電圧を調べてみることに!

コネクター元
ご覧の通り、コネクターは6Pなのに対して供給線は4本だけ。
ひとつだけ離してある黒い線が電源だろうとアタリをつけて いざテスターで計測。
結果は・・・

電源20V(19.75V) - ON/OFF(2V/0V) - DIM(変圧) - GND

この様な結果が出ました!
電源電圧が20Vって事は・・・LEDインバータ(ケーブル付き) [INV6113]これを使えば小細工無し 全ての線を利用してイケそうな感じ
早速、秋葉原に出向きインバータ基板とLEDバックライトを調達して来ました
(ついでに念の為に冷陰極管とLゴムキャップも調達)
インバータ基板&LEDバックライト

パソコン側からきている線の6Pプラグから線だけを上手く引き抜いて、インバータに付属の4Pプラグに
はめ込んで結線しました。
LEDインバータ
ちょっと緩いので、後ほどアセテートテープで絶縁&補強をしました

これにLEDバックライトをつないで、いざ電源ON
LED点灯

キタァ~~~\(^o^)/


とりあえず、構想した仮説は実証されました
あとは上手く はめ込み、インバータ基板をフレームに収めればOK
とりあえず、冷陰極管が収まっていた金属プレートに仮組み・・・
LEDはみ出し
ちょうどLED1個分はみでた
仕方ないのでLED1個分ペンチで切って収めました。
ちなみに、仮組みの際に液晶フレームに触れてショートさせてしまい先端から3つ目のLEDを潰してしまいました(T_T)
どうやら、そのLEDが抵抗になるようで先の2つのLEDは暗くなりました
更に一番端の1つ分を切ったところ2番目のLEDも点かなくなりましたΣ(゚д゚|||)
それでも、一応、仮組みしてチェックを・・・
仮組み動作チェック

おぉ~~~o(^▽^)o
なかなかイイ感じ!
点かないLEDも差ほど気にならないし、このまま本組みに移ります。
インバータ基板はフレームのプラスチックを削って無理やり押し込みました。
本来のインバータ基板に付いていた保護カバーを適当な長さにカットして流用。
インバータ基板固定
↑なかなかのジャストサイズ!(5Vのインバータ基板では大きさ的に収まらなかったので大正解でした)

修理完了
しばらくテスト運用してみましたが、点灯状態は問題なし。
光にムラが目立ちますが、これはおそらく収めた金属のプレートが歪んだせいだと思われます(無理やりバラしたので)
ON/OFFスイッチも良好でラップトップを閉じると消灯します。
気になる発熱ですが、触れないほど・・・ではありませんが結構熱くなります(インバータ基板の辺り)
唯一の難点は照度調整が出来ないこと!
テスターで測った時には 確かに電圧が変化したのです。DIMで間違いないハズなのに、実際には照度調整が効きません
作業中にショートさせたのが原因かもしれません
必ず電源を落としてから作業するようにしましょう


これまたバックライトを修理してから気が付いた事ですが、やはりHDDもダメージを受けていました(強制ブッチのせい?)
パソコン起動時にエラーメッセージが出ます。無視して起動するならF1を押せと出ているのでF1を押すと何事も無かったように起動します。
とりあえず、前の持ち主のデータをバックアップした後フォーマットをして、現在はWindowsXPとLubuntuのデュアルブート状態で運用中です( ^ω^ )
もちろん、この記事もこのパソコンで書いてます

今回の検証でaitendoさんのインバータ基板 及び LEDバックライトを使うぶんには供給側の電源(電圧)さえ何とかすればイイと言う事が分かりました。このパソコンは運良く規格に合うインバータの在庫があったので すんなり作業出来ましたが、昇圧コンバータを噛ますやり方が通るのかどうかは分かりません。理屈上では可能な気がしますが、なにぶんにも素人考えなので・・・
この記事を参考にバックライトのLED化を検討される方は、くれぐれも自己責任でお願い致します

スポンサーサイト
パソコン | 15:59:23 | トラックバック(0) | コメント(1)
Acer Aspire One AOA150 Android x86を使い込んでみる
先日 無事にAndroid x86化に成功したAcer Aspire One AOA150だが、ネット利用やUSBデバイスからの動画再生 等の普段使いをする際に不便を感じたところがあったので色々やってみました

まずはコレ!
AVG Free
ネット閲覧の基本!ウィルス対策ソフトです。
WindowsXPサポート切れに伴い最も危惧されているのがウィルスの脅威な訳です。せっかくOSをAndroidに切り替えてもウィルス対策をしなければ意味がありませんよね

次にスクリーンショットのアプリ!
スクリーンショット イージー
コチラで紹介されている方法だと素人の私には難しかったので(^_^;)簡単にスクリーンショットが撮れるアプリを入れてみました
これでブログ用の写真も撮れるな( ̄ー ̄)ニヤリ ・・・あまり更新しないけど(爆)

あとは・・・
こんなのも有ると便利かも(^^ゞ
μTorrent
速度は遅かったけど、ちゃんと動きましたご利用は自己責任でお願いします

Adobe AIR
Adobe Reader
↑うぅ~ん!私には あまり必要無いけど・・・有ってもイイ感じ

っと、まあ、こんな感じで幾つかアプリを追加してみました。
ここまでは どうでもイイ話?です(笑)


実は使用していて一番気になったのは、USBデバイスから動画を再生しようとUSBスロット2箇所同時にスティックメモリを挿した際に、最初に挿した方しか中身が読み出せなかった事です。
別々に1箇所づつ挿せば認識します。なのでUSBスロット自体はちゃんと動作している模様
って事はOS側が2つ同時にマウントしてないって事になります。
ココからが無知な私の奮闘記が始まるのです…(;´Д`)ウウッ…

とにかく何がなんだか分からないので、まずは色々と検索して情報を収集。
どうやら、まずOS自体がUSBメモリを2つとも認識しているのかを確認する必要があるみたい・・・
そんな基礎的な事も理解していない状態で、とりあえず『Alt + F1』同時押しでコンソールモードに移行。
『dmesg』と入力してメッセージを確認してみる^_^;
良く分からないけど、USBメモリ1番目がsdb1としてUSBメモリ2番目がsdc1として認識しているみたい
と、言うことは、sdc1をマウントしてあげれば中身が読み出せる様になるって事ですよね!?

今度は『mount』コマンドについて色々と調べる事に・・・
現在ネット上ではAndroid x86についての細かいテクニック?みたいな物が殆ど存在しないので、Linuxで検索しました。
これまたディストリビューションの種類によって多様なので、いまいち理解が出来ない
とりあえず、USBメモリ1番目のsdb1は /mnt/USB にマウントされていることが分かりました。
USBメモリ2番目のsdc1を同じ /mnt/USB にマウントする事は出来ない様なので^^; どこかマウントする場所が必要みたいです。
mntフォルダの中にUSB2とか新たなフォルダを作成しようとしてもパーミッションの関係?で作れないし、ESファイルエクスプローラで無理やり作っても電源を落とすと消えちゃってるし・・・

結論から言うと、自由にファイルの書き換えが出来る場所にUSBメモリ2番目をマウントするためのマウントポイントを作ってあげればイイと言う事が分かりました。
Androidだから? それともLinux全部? ちょっと分からないのですが rootフォルダ直下や /mntフォルダ内に無理やりフォルダを作っても再起動させると消えてしまうので、流動的に使える /mnt/sdcardフォルダ内に『usb』ってフォルダを作成して、以下の様にコンソールモードで打ち込みました。

mount -r -w -t vfat /dev/block/sdc1 /mnt/sdcard/usb


これで無事にUSBメモリ2本同時にマウントさせる事が出来ました
やっぱり素人には難しい・・・Linuxは

ちなみにUSBメモリはマウントさせたら必ずアンマウントを行ってから抜き取って下さい。
USBメモリが1つしか挿してなければ『設定→ストレージ→SDカードのマウント解除』これでアンマウント出来ます。
手動でマウントさせたUSBメモリ2番目をアンマウントするには、以下の様に打ち込みます。

umount /mnt/sdcard/usb


万が一アンマウントをしないでUSBメモリを抜いた場合データが破損する危険がありますし、物理的にUSBメモリが挿さっていなくてもOS上ではマウントしている状態なので、新たにUSBメモリを挿してもオートマウント出来なくなります。
例えばUSBメモリ1番目をアンマウントせずに抜くとsdb1はマウント中と判断されて、新たに挿したUSBメモリはsdc1もしくはsdd1、sde1・・・の様にsdb1を飛ばした次のデバイスとして認識してしまいます。
自動でマウントしてくれるのはsdb1だけ?なのでオートマウントしなくなります
十分に御注意を!!


さて、デバイスのマウントのさせ方と法則が分かりましたが、USBメモリを抜き差しする度にコマンドを打ち込むのは面倒臭いですよね・・・(-_-;)
そこで こんな物を使ってみました!
SH Script Runner

予め複数のスクリプトを用意しておき、必要に応じてロードして実行出来るので非常に便利です

一応、いくつかサンプルを書いておきますか(^^ゞ

※USBメモリ1番目のアンマウント
----------------------------------------------------------
#! /bin/sh

umount /mnt/USB

----------------------------------------------------------


※USBメモリ2番目のマウント
----------------------------------------------------------
#! /bin/sh

mount -r -w -t vfat /dev/block/sdc1 /mnt/sdcard/usb

----------------------------------------------------------


※USBメモリ2番目のアンマウント
----------------------------------------------------------
#! /bin/sh

umount /mnt/sdcard/usb

----------------------------------------------------------

こんな感じですね♪
USBメモリ1番目はオートマウントされるのでマウント用のスクリプトは不要です。
USBメモリ2番目を上記スクリプトでマウントする際は予め /mnt/sdcard/usbフォルダを作成しておいて下さい。


それにしても・・・
デスクトップ上にワンクリックでマウント、アンマウントが出来るショートカットとか作れないのかな

パソコン | 14:52:34 | トラックバック(0) | コメント(2)
Acer Aspire One AOA150にAndroid x86導入してみた♪
さて、リカバリーディスクも出来た事だし心置きなくHDDを初期化&Android x86を導入してみます
導入方法も↓コチラに素晴らしく完璧な解説をなさっているページが有るのでそちらをご覧ください
http://ht-deko.minim.ne.jp/aspireone/

順番通りに進めていくと、あっ!と言う間に導入が完了します


初期設定まで進めて再起動!
起動時間を計ってみたところ、およそ40秒・・・・はやっ!!
初期導入のWindows XPの時が およそ2分弱だった事を考えると無茶苦茶はやくなってます
動作も非常にスムーズで快適な操作感でした。

とりあえず、おすすめソフトの一部を導入して
Google 日本語入力
ES ファイルエクスプローラー
MX 動画プレーヤー
MX 動画プレーヤー コーデック (x86)
Quickoffice

日本語キーマップに変更して
日本語フォントを導入して

この環境でしばらく使ってみますか


※ちなみに この記事は上記環境から投稿してみました! 結構イイ感じです

パソコン | 09:06:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
ネットブック Acer Aspire One AOA150リカバリーディスクの作成
一頃昔に安価軽量と持て囃されたネットブックですが、皆さんは まだお使いですか?
先日 Windows XPのサポートも終了して、すっかり埃をかぶってはいませんか?
そんなネットブックをまだまだ活用するイイ方法があります。

そ・れ・は・・・・

OSをWindows XPから軽量コンパクトなAndroidに変更してしまうのです

元々Androidは携帯端末等の非力で限られたメモリ内で使うことを想定して作られたOSでしたが、Windowsマシーン等に搭載されているx86系のCPUに対応した事により、現在ではx86命令セットアーキテクチャに移植されたAndroid x86が登場しています。

さて、Android x86をインストールするに当たりHDDを初期化しなければならないのですが、ここで大きな?問題があります
今回 実験に用意したAcer Aspire One AOA150はリカバリーディスクの用意がありません。

リカバリー領域はHDD内に用意されており、初期化を行ってしまえば元の状態に戻すことが不可能になってしまいます
まあ、今更サポートの切れたWindows XPに未練は無いでしょうが、なんとなく踏ん切りが付かないのも事実
そこで、まず初めにリカバリーディスクを作ってみる事にしました。

幸運にも既に試された素晴らしい先人様が沢山いらっしゃるので、ここでの説明は割愛させていただきます
↓ぜひコチラをご参考下さい!
http://turi2.net/cont/hardware/acer_aspire_one_aoa150_bb_make_recovery_disk.html

上記サイトに書いてある通りに行えば完璧にリカバリーディスクが作れますよ

作業中に必要ファイルが見つからなくて躓きました
Acerの公式HPでは公開終了?している様なので 下記を参考までに

Acer Empowering Framework 2.3.2023
http://www.filewatcher.com/m/Acer%20Empowering%20Framework%202.3.2023.zip.26698338-0.html

Acer eRecovery 2.0.2024
http://www.filewatcher.com/m/Acer%20eRecovery%202.0.2024.zip.10119722-0.html


さて、リカバリーディスクの用意も済んだし、これで心置きなくHDDの初期化に踏み切れますね
次はいよいよAndroid x86の導入です

パソコン | 10:52:41 | トラックバック(0) | コメント(8)
ニヘデビール♪
先日、約20年ぶりに高校時代の旧友達と再会したのですが、その時に寄った沖縄料理の店で またまた美味いビールに出会えました♪ヽ(´▽`)/

その名もニヘデビール♪

↑ハードタイプです☆

ニヘデビールは沖縄の言葉で「ありがとう」と言う名のビールで、ソフト・ハード・ブラックの3種類が楽しめます
当然、全種類 味わいましたョ(^^ゞ

ビール本来のコクと旨味、そして香りが楽しめるハードがお薦めかな

興味のある方は↓コチラをチェック
ニヘデビール

BEER | 10:10:18 | トラックバック(0) | コメント(1)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。